荷物の受け渡しの際には接客スキルが必要になる!

トラックドライバーに求められていること

トラックドライバーはトラックを運転し、顧客または商店などに荷物を届けるのが主な仕事です。インターネットによる通販を利用する若者が増えていたり、自分ではなかなか買い物に行けない高齢者が増えてきているという事もあって、これからさらに需要が高くなる職業の1つだと言えるでしょう。そんなトラックドライバーへはまったくの未経験から転職するという人もとても多いです。中にはトラックドライバーは、時間が不定期だがただトラックを運転して荷物を運ぶだけだから以前働いていたところよりは楽にお金が稼げるだろうといった、安易な考えで転職を希望している人も居るかもしれませんが、トラックドライバーはそこまで甘い仕事ではありません。

しっかりとした接客スキルが必要

確かにトラックドライバーの仕事は配送元で荷物を預かり、配送先に荷物を届ければ終わりです。しかしながら配送元には荷物をドライバーに預ける人が居ますし、配送先には荷物を待っている人が居ます。そういった人たちとのコミュニケーション、つまり接客スキルもトラックドライバーには必要です。配送元や配送先に対して暴言を吐くという事は言語道断ですし、たとえ誰も見ていないところであっても、配送元や配送先では気を抜かないようにしなければいけません。ただし、そこまで高い接客スキルが必要というわけではなく、挨拶や受け答えなどの基本的なマナーができていれば大丈夫でしょう。それ以上に求められているのはドライバーの人柄です。

トラックドライバーの募集には必要な条件がいくつかあります。一つ目が第二種運転免許で、二つ目に長距離移動のための忍耐力です。