福利厚生で決めてみる

トラックドライバー求人はどうやって選ぶ?

トラックドライバーの仕事は長距離運転で体がきついイメージからか、多くの求人があります。そのなかでどの求人を選ぶのか、選び方はさまざまです。例えば、トラックドライバーの経験がなく大型車両の運転免許を持っていない場合は、免許取得応援制度がある会社を探します。また、給料を重視している人は下請け会社よりも、元受けや荷主の会社を選ぶでしょう。運送業の仕事は荷受けから元受け、下請けと運賃が下がっていき従業員の給料もこれに比例するからです。他にも長く働きたい場合は、設立から長く続いている会社を選んだり、さまざまなトラックを運転したい場合は、各種トラックが揃っている会社を選んだりします。以上のように求人の選び方は、それぞれ目的によって変わります。

トラックドライバー求人では福利厚生も重要

多くの求人があり、さまざまな求人の選び方があるなかで福利厚生は重要となります。不景気のなか、企業が経費を削減する場合に、選ぶのは人件費や消耗品、福利厚生なのです。福利厚生が充実している会社は、黒字決算の可能性が高くなります。さまざまな求人の選び方があるなか、入社しても会社がつぶれてしまっては意味がありません。黒字決算で福利厚生が充実している会社は求人を選ぶ上で、最低限の条件となるのではないでしょうか。具体的には交通費支給や年次有給休暇、健康診断などの実施。既婚者の場合は家賃補助や育児・介護休暇、誕生日休暇などがあると助かります。求人広告にはすべての福利厚生を掲載しているとは限りませんので、面接のときに確認することが大切です。

トラック運転手の募集は未経験者歓迎の募集が多く、必要な資格は普通自動車免許または募集によっては中型自動車、大型自動車免許が必要な場合もあります。